Personal Design Inc. 株式会社 パーソナルデザイン

「印象力」をプロが磨く

あなたの「印象力」をプロが手ほどき

「印象力」と聞くと、ビジュアルやルックスの良し悪しを指しているように感じるかもしれません。しかし、パーソナルデザインの領域でいう「印象力」とは、むしろ「表現力」に近いもの。自分の個性を素直に受け入れて、“見せる”“見られる”ことにどこまで戦略的になれるかが、外見マネジメントの成功を分けるポイントとなります。
パーソナルデザインには、スタイリスト、ヘアデザイナー、メイクアップアーティスト、ボイストレーナー、演出家、写真家といった各界のプロで構成されたパーソナルデザインスペシャリストが、多数在籍しています。
ビジネスとして、あるいは、エンターテインメントとして、客観的な「人間の見せ方」を知るパーソナルデザインスペシャリストの手腕が、魅力的なあなたの印象を引き出すコツとセンスを磨いてくれます。

「印象力」を磨く、3つの基本プログラム

パーソナルデザインのイメージコンサルティングは、 以下の3つの基本プログラムを柱に、多彩な個別プログラムを取り入れながら構成されます。 もちろんすべてのプログラムに、パーソナルデザインスペシャリストがマンツーマンであたります。 初めて会った人や、不特定多数の人々にも、あなたの個性をきちんと伝えるための「印象力」を、プロのアドバイスで、外面と内面の両方から磨いていきます。

外見印象プログラム

第一印象で最も重視される、視覚的な外見を変えるプログラム 【顔、表情/ファッション/立ち居振る舞い】

第一印象で最も重視される「外見」を、実際にコーディネートしていくプログラムです。顔の印象、ヘアスタイルによる印象、服装による印象、立ち居振舞いやちょっとしたしぐさによる印象などを、プロの視点からアドバイスします。

(1) 顔の印象分析と表現では、表現したい印象に基づき、眉の形、肌の質感、メイクアップ、ヘアスタイルのアドバイスと実際のコーディネートです。
(2) ファッションは、ビジネス、パーティ、カジュアルなどシーンに分けて表現していきます。表現したい印象とそれぞれのシーンに合うブランド選びから、形、色、素材などコーディネートします。
(3) 立つ、座る、歩く、食べるという日常における身体の基本動作からその印象を分析し、表現したい印象、TPOに基づいた動き、しぐさの指導です。

表現能力プログラム

声質の分析から、相手に与える印象を強化するプログラム 【声・話し方・プレゼンテーションスキル】

声質の印象から相手に与える影響を分析します。声は、生命の源である呼吸から発するものであり、発言に説得力を与え、言葉にパワーを吹き込む上で最も重要なもの。ノンバーバル(非言語的)表現とバーバル(言語的)表現の双方から、表現力を磨くレッスンを行います。

(1) 声の高さ、太さ、強さ、質感など、声のもつ印象を細かく17項目から分析し、相手の共感を生む発声の仕方を学びます。呼吸法をマスターするためのトレーニング方法など、基本となるコースです。
(2) 表現したい印象に応じた発声法をマスターし、シーンで使い分ける声の出し方や話し方を学びます。実際のスピーチ・講演・会見の場を想定した原稿を使い、表現方法、質疑応答に対する応え方などを実践的に指導します。

感性開発プログラム

内面からにじみ出る、センスや教養をさらに磨くプログラム 【感性表現・文化心得・自己演出】

自分を表現する場でも、人とのコミュニケーションを図る場でも、感性が豊かであることはビジネスパーソンとして不可欠の素養です。それには左脳ばかりではなく、右脳の働きも重要。ファッションや会話などのセンスは、磨かれた感性から醸し出されます。
また、文化や芸術に精通していることで、より深い人間関係を築くこともできます。特に海外でのビジネスディナーや会合などでは、ビジネスの話以外に日本文化や趣味についての会話が求められることでしょう。絵画、古典芸能、西洋音楽、邦楽、文学などその道の専門家によるマンツーマンのレクチャーで、これまでにない興味の幅を広げて、人間としての深みを増していきます。